シッポでわかる猫の気持ち

猫は一見、無愛想で何を考えているのかわからない節があります。
しかし、猫の気持ちはしっぽに正直に出ているんです。
猫のしっぽの動きをみれば、今どんな気持ちなのか理解することができます。
ぜひ覚えて猫の様子を観察して、コミュニケーションをとってください。

 

しっぽをピンと垂直に立てている

これはうれしい時、かまってほしいときの表現です。
家に帰ってきたときにしっぽをピンと立てて寄ってきたときは「おかえりなさ」と挨拶をしています。
この際にしっぽをプルプルっと細かく振るったときはとても喜んでいる証拠です。

 

 

しっぽをぼわぼわと膨らませている

これは怖い時、驚いたとき、攻撃態勢に入っている表現です。
しっぽを大きくして自分を大きく見せて相手を威嚇する時も膨らませます。
ちょっとしたことで驚いてしまう怖がりな猫はよく膨らませていますね。
この時に威嚇したり唸っているようであれば相当な恐怖を感じているのでむやみに構うのは避けましょう。

 

 

しっぽの真ん中を上げて山型にする

これはよく猫同士でじゃれていたり、おもちゃに興奮していたりすると山型にしてぴょんぴょん跳ねるような動きをします。
これは驚いたり、興奮したり、攻撃をしようとしている表現です。
このまましっぽを膨らませているとより強い感情を表しています。

 

 

左右に大きくブンブン振る

これは「自分のほうが強いんだぞ!」と相手に向かって闘争心を燃やしている証拠です。
じゃれあいや喧嘩をしているとき、相手に飛びかかろうとする前にブンブンと振ることが多いです。

 

 

しっぽをだらんと下げている、足の間に挟み込む

これはしょんぼりと落ち込んでいる、恐怖を感じている証拠です。
悪いことをして怒られたとき、楽しみにしていたおやつがもらえなかったときなどテンションが低い状態です。
ずっとこの状態の場合は具合が悪い可能性もあるので様子を見て動物病院で診てもらいましょう。

 

 

しっぽを大きく振っている

立っているときは好奇心があり、興奮している状態。
座っている場合は機嫌がよくリラックスしている状態です。
バタバタと大きく早く振っているときは不機嫌でイライラしている状態です。
大きく振るというだけでも3種類の感情を表現しているので、猫の表情と状況をあわせて判断しましょう。
バタバタと大きく振っているときはしつこくすると起こる可能性があるので落ち着くまでそっとしておきましょう。

 

 

名前を呼ぶとしっぽの先をパタパタさせる

これはネコなりの挨拶です。
呼ばれたけど鳴いたり、飼い主のもとに行ったり、起きたりするのが面倒だけれど返事はしている場合にします。
一見無視されているように思いますが、ちゃんと聞こえているので安心してください。