猫同士の喧嘩の対策

猫同士の喧嘩の対策

【猫同士の喧嘩の原因】

よく、家の外から猫同士の喧嘩の声が聞こえてくるときがあります。
普段の可愛らしい声とは違い、ドスの効いた低い声で唸っていますよね。
これは相手の猫に怒っている証拠で「やんのかこらー!」と言っているんです。

 

猫同士の喧嘩は、大体が縄張り関連の事です。
自分の縄張りを荒されたり、取られてしまわないように相手を威嚇して追い出そうとします。
それでも相手が引かないときに引っ掻いたり噛みついたりと取っ組み合いが始ります。
これで負けた方がその縄張りを占拠出来るので猫にとってはとても重大な戦いなのです。

 

また、繁殖期ではオス同士がメスをめぐって激しい争いをします。
目が合えばすぐに喧嘩、という場合もあるほど興奮状態になるそうです。
メスの場合は自分の子供を守るときにより攻撃的になります。
普段は温厚な猫でも時期によってはとても凶暴になる可能性もあるのです。
猫同士の喧嘩は、昔からの野生の血が色濃く残っている証拠でもあります。

 

野生の猫だけではありません。
室内飼いの猫でも多頭飼いで避妊、去勢をしていない場合は喧嘩をする可能性が高くなります
子供を産ませる予定がないのであれば、喧嘩が始まる前に手術をしておきましょう。
また、生まれた子猫を触ろうとすると怒る母猫もいます。
性格が変わることもあるので無理に怒らせないようにしましょう。

 

 

【喧嘩の対策】

飼い主が喧嘩をしないでほしい、と思っても猫は自分のテリトリーを守るために喧嘩を始めてしまいます。
そんなときに飼い主ができることは怪我をさせないこと、喧嘩する状況を作らないことです。
そのためには・・・

  • 爪を切っておく
  • 喧嘩する猫同士を近づけない
  • 猫が逃げられる広い場所や高い場所をつくる
  • 相手が野良猫の場合は感染症にならないようにワクチンを打っておく

などがあげられます。
外飼いの猫のほうが本気で喧嘩する確率は高いので、ワクチンは必ず接種しておきましょう
また、一見本気で喧嘩をしているように見えても本人たちはじゃれていることもあるので、そういう時は好きなだけ遊ばせてあげましょう。
ただ興奮しすぎて爪を出してけがをする可能性もあるので爪は鋭くしておかないようにしましょう。

 

 

【喧嘩のやめさせかた】

対策をしても喧嘩が起ってしまった場合、優勢になっている猫を負けている猫から意識をそらすことがことが大切です。
例えば大きな音を叩く、大きな声を出す、驚かすなどを喧嘩を止めさせます。
とにかく猫同士のにらみ合いを解除しましょう。
喧嘩をしている時に猫を触ったり、手を出したりすると噛みつかれたり引っかかれたりして怪我をする恐れがあるので注意しましょう。

 

 

【喧嘩で怪我をしてしまった場合】

猫の様子がおかしい、顔や体から血が出ているなど怪我をしている場合は早急に動物病院に連れて行きましょう。
野良ネコと喧嘩した場合は感染症や傷口に膿が出てしまうこともあるので、酷くなる前に適切な処置が必要です。
夜で動物病院が開いていない場合は、消毒液を浸みこませたガーゼで軽く拭いてあげましょう。