初めて猫を飼うのに揃えておきたいグッズ

初めて猫を飼う人へ|揃えておきたいグッズ

初めて猫を飼う方へ

最近は猫ブームが到来していて、たくさんの猫番組や猫のグッズ、猫カフェなどがたくさんありますよね。

 

これをきっかけに「初めてだけど飼ってみようかな」と思う人も多いのでは?

 

また、野良猫を保護したり、里親として猫を迎える人もたくさんいると思います。

 

猫ちゃんにとっては優しい家族に迎えられることは、これ以上ない幸せでしょう(*^_^*)

 

 

「でも、猫って何が必要なの・・・?」と初めての人は思うのでは?

 

大丈夫です、初めは皆そうです。猫を迎えるにあたって、これさえ揃えておけば問題なし!準備万端にして、猫ちゃんを迎え入れましょう!

 

 

これだけは忘れないで!!

トイレ

トイレは真っ先に購入して忘れないようにしましょう!

 

私たちも引っ越した先にトイレが無かったら困りますよね(-_-;)

 

室内飼いはもちろん、家の中と外で飼う場合もトイレは必須です。

 

「外に出た時だけにするだろう」と思うかもしれませんが、意外と室内でもトイレをする猫は多いんです。

 

おしっこは猫にとって「ここは僕の縄張りだぞ!」という意味も含まれているので室内でもするんですね。

 

もし、トイレがなかった場合、我慢できなくていろんなところでおしっこをしてしまいます

 

これは癖になる子が多いので、そうなる前にトイレを覚えさせましょう!

 

「じゃあトイレシーツを用意すればいいんだね」と思ったあなた。ちょっと待って!

 

実は猫のトイレ、シーツだけではダメなんです。

 

猫は犬とは違い、おしっこやうんちをした際に砂や土をかけて臭いを消す習性があります。

 

そのため、そのまんまだとどうにかして隠そうとしてシーツがボロボロになることもあります。

 

なので猫のトイレは必ず猫砂を用意してください。

 

猫砂はトイレコーナーに行けば必ず売っています。容器と共に忘れずに購入しましょう!

 

 

猫砂の種類に注意

 

猫砂には通常のトイレ用の砂システムトイレ用の砂の2種類があります。

 

この砂は、間違えないようにしてください。

 

通常のトイレ用の砂とは、トイレにおからや紙で出来た砂をそのまま入れて、おしっこをした際に砂が固まる、ウンチに砂がたくさんつくので臭いが消えるなどの利点があります。

 

この砂、人間のトイレにそのまま流せるものもあるので便利なんです(*^_^*)。

 

システム用トイレの砂とは、システムトイレというトイレの専用の砂で、粒が大きく、とても固いのが特徴です。

 

通常の猫砂とは明らかに違うので見分けはつきやすいと思いますよ。

 

そしてこの2種類の砂、お互いを逆に入れてしまうと、大変なことになるんです・・・。

 

まず、システムトイレ用の砂を通常の砂のように使用すると、おしっこを吸収してくれないので底がびちょびちょになってしまいます

 

そもそもシステムトイレとはおしっこを下のシーツに落として掃除を楽にしたり、臭いを軽減するものなので、砂自体はあまりおしっこを吸収しません。

 

逆に通常の砂をシステムトイレに入れてしまうとシーツに届く前におしっこを吸収してしまう、粒が小さいのでシーツに砂が落ちてしまいます。

 

これがまた、掃除が面倒臭いんですよね・・・私も1度やってしまい大変な目にあいました(~_~;)

 

 

キャットフードと水

お腹がすいては大変!いざペットショップに行ったのはいいものの、キャットフードの種類が多くて困ってしまう・・・。

 

猫を飼っている私でも時々迷うことがあります。

 

そんな時は、猫の年齢に合ったキャットフードを選びましょう。

 

キャットフードをよく見てみると「子猫用」とか「アダルト用」とか、年齢別に分かれているものが多いんです。

 

これはそれぞれ意味があって、栄養素や形などその年齢に合わせて工夫して作ってあります。

 

猫を飼うときは子猫か成猫が多いと思いますが、特に子猫の場合は成猫用のキャットフードは固すぎて食べにくいなどがありますので、注意して選んであげてください。

 

そしてキャットフードと一緒に必ず用意するのはです。

 

キャットフードは乾燥しているので喉が渇きますし、夏などの暑い時季はたくさん水を飲みます。常に新鮮な水を、エサの近くに置いておきましょう!

 

 

ケージ

ごはんもトイレも用意したし、いざ自宅へ迎え入れよう!となる前に忘れてならないのがケージ。

 

猫は安心できる場所がないとストレスを溜めてしまいます。

 

自宅に慣れてくれるまではケージで様子を見て、その時に一緒にトイレを覚えてもらいましょう!

 

匂いの付きやすいタオルやソファーなど、安心できるものを作ってあげてください。

 

ケージ越しに、ちょっとずつ仲良くなっていきましょう!

 

 

落ち着いたら動物病院へ連れて行こう

ペットを飼う上でワクチン接種は必ずしましょう!

 

猫の健康状態を把握するのは飼い主の務めです。

 

年齢によって避妊や去勢も行えるのでその予定がある人は早めに獣医師に相談しましょう。

 

その時に、猫を飼う際にわからないことがあれば聞いてみるのも良いですね。

 

動物病院に行くときはキャリーバックの購入を忘れずに!

 

 

とにかく愛そう!

猫はツンデレ、無愛想などというイメージが強いと思いますが、ちゃんと愛情を注げばなついて甘えてきます。

 

その子の性格によって差はありますが、一緒に過ごしていくうちにきっと猫なりの愛情表現をしてくれるでしょう!